MENU

ホワイトニングは歯がしみると聞いていたけど

ホワイトニング治療を受ける事で歯を白く出来ると言う事は情報サイトを見て知っていたのですが、ホワイトニングは特殊な薬品を歯の表面に塗布する、光を照射することで歯がしみることがある事を知ったので躊躇していました。
冷たいものを食べる時など歯がしみると言う知覚過敏の症状を持つ人は多いかと思いますが、知覚過敏の症状に対して不安があるため、ホワイトニング治療を受けたくてもどうしようかと悩んでいたのです。

 

情報サイトを利用してホワイトニング治療の事について調べていた時に、自分の不安を解消して貰える歯医者さんが在る事を知りました。
この歯医者さんのホームページの中にはQ&Aのページが在り、そこには「稀に知覚過敏のような一瞬の痛みを感じる患者さんもいますが、その都度対応可能」と言った事が書かれており、内容を読んでみると従来のホワイトニング剤と比較した場合、痛みを配慮した成分が配合されているものを利用するので痛みが起こる事が少ないと言う事でした。

 

尚、元々知覚過敏などの症状を持つ場合でも、麻酔を併用する方法や専用のホワイトニングを利用する事で知覚過敏の痛みが起きずに歯を白くすることが出来るようで、自分が持っていた不安を感じることなくホワイトニング治療が出来る事を知り、この歯医者さんで治療を受ける事に決めたのです。

 

実際、ホワイトニング治療を受けてみたところ、歯がしみると言う事も無く白い歯になった事は何よりの満足でした。
"