MENU

ホワイトニングでステインを除去するために必要な事

ステインと呼ばれる歯の汚れは、放置していると歯が次々と変色していき、暗いところでも歯の汚さが目立つようになってしまいます。
しかも鏡の前では大して色が付いていないように見えても、眩しい陽射しの下では少しの歯の変色が目立ちかねません。

 

私も少しでもステインが溜まっているように感じたら、なるべく早いうちに歯のホワイトニングを受けるようにしています
ステインを作る原因となる、コーヒーや紅茶や赤ワインなどの飲み物を、定期的に飲んでいるという人ほど注意が必要です。

 

少しずつ歯に色が付いていると思っていたら、一気に歯の色合いが悪化してしまう可能性もあります。

 

歯に色合いが付いてしまった際には、審美歯科などでホワイトニングを利用して、スムーズに歯の色合いを元通りにしてもらっています。
歯に薬剤を塗布してから特殊な光を当ててもらうだけでも十分に歯の色合いが白くなっていきました。

 

審美歯科などのホワイトニング治療で使われる特殊な光は、ハロゲンライトやアルゴンレーザーやLEDなどが多いです。
それらの光を口元に当てる際に、特に大きな事故などが起きる心配が無いところも良かったと思えます。

 

ただし1回の治療では希望通りの白さにならない可能性もありますから、なるべく数回の通院をするようにしています。
食事の内容によっては再び歯に色合いが付いてしまう可能性もあるので、治療中は赤ワインなどの飲み物を控えておくようにすると、更に短期間でホワイトニング治療を終えやすくなるとアドバイスももらえました。